大根の葉は捨てません。「ふりかけ」を作って、ご飯にのせて食べます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜は、八百屋さんで買うか、

品質の良いスーパーで買うようにしています。

たまに、大根に葉っぱがついてあるものがあれば、

それを買います。

あなたは大根の葉っぱ、どのようにしていますか?

使い方がわからなくて捨てていませんか?

スポンサーリンク

私は「ふりかけ」を作り、ご飯のお供として食べています。

大根の葉っぱは、小松菜やほうれん草と同等なぐらい

栄養価の高い、立派な緑黄色野菜です。

この葉を捨てるなんて、もったいないですよ。

ちゃんと調理をすれば、おいしい、ふりかけが作れます!

調理方法は簡単です。

大根の葉を細かく(みじん切り)、刻みます。

フライパンにごま油を少量いれ、あたためます。

細かく刻んだ大根の葉、塩を少々いれて

水分をとばすように炒めます。

水分がとんで、しんなりしてきたら、

酒と砂糖を少し入れる。

おかかを加えて、醤油で味を整えたら完成です!



忙しい朝でも「自家製ふりかけ」があれば、

おかずが無くても、ご飯がすすみます。

子供達は、ご飯と味噌汁、大根の葉のふりかけだけでも

十分、喜んで食べてくれています。

バリエーションも豊富で、

ふりかけにしたり、混ぜご飯にしたり、

冷ややっこに乗せたり、納豆に混ぜてもよいですよ。

忙しい朝で、事前に自家製ふりかけを作っていれば、

とっても助かる「常備菜」です。

これも、つくりおき!

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
大根の葉は捨てません。「ふりかけ」を作って、ご飯にのせて食べます。
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする