野菜の切り方で〇〇が変わる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜の切り方、拘っていますか!?

私は全く、こだわっていませんでした。

よく、野菜の切り方を変えると
食感が変わる言われますが、

いつもの野菜の切り方を少し変えるだけで
「味」が変わります。

スポンサーリンク

タマネギやトマトの切り方を変えてみた

タマネギを繊維に沿って切ると、加熱した時に荷崩れしにくいのは有名だと思います。
繊維を断つように切ると、繊維に沿って切る時よりも甘くなるのはご存知ですか!?

タマネギだけに限らず、トマトや人参だって、切り方を変えれば味が変わるのです。

料理の雑誌を見ていても、乱切りや千切り・・・とありますが、
これは見ためだけに限らず、
味にも影響をしているので、切り方にも意味があります。

いつもと違うトマトの切り方をしてみました

トマトは「くし切り」で切っている私ですが、
友達が横から切る派だったので、
同じトマトを切り方を変えてランチした時があります(笑)

その時に思ったこと、同じトマトなのに、切り方を変えただけで味が変わりました。

調べてみると、トマトのうまみ成分である、グルタミン酸は種の周りにあるそうです。
お肉や昆布に含まれる旨味と同じ物質だとか・・・。

輪切りにして食べると、このうまみ成分を味わうことが出来るので、「くし形切り」よりも、「輪切り」の方が甘く感じることができるのです。

このように、野菜は切り方次第で味が変わります。

まだまだ、私も野菜の切り方の知識は少ないので、これから知識を増やしていきたいです。

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
野菜の切り方で〇〇が変わる
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする