共働き家庭の子供 夏休みの過ごし方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日、「夏休み何日で終わる?あと何日?」と口癖になっている私です。

本日で、残り26日。

まだまだ、夏休みが終わりません(笑)

共働き家庭での子供はどのように過ごしているのか!?
参考になるかわかりませんがご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

留守番していても元の状態に戻してもらうようにしました

午前中は習い事。
午後からは習い事の宿題
宿題が終わって私が帰宅するまでは自由時間としています。

自由時間の間に、家の片づけをしてくれています。

片付けと言って、遊んだ玩具を元に戻したり、
読んだ本を戻すこと。
あとは、食べたご飯をキッチンに持って行ったり・・・とかですが・・・・。

当たり前のことかもしれませんが、なかなか出来なかったんです(笑)

片付けない長男が片付けしてくれる理由は?

長男が自由時間に片づけをする理由は
お小遣いをもらえるから。

少ない金額ですが、1回のお手伝いで20円をあげると決めています。

おかげで、家に帰ったら、
散らかっていない(笑)

1学期の間は、お手伝いをしてもお小遣い制にしていなかったので、私が帰宅すると、「泥棒が入ったの?」と聞きたくなるぐらい、散らかっていたんです。
教科書が散乱、プリントも出て、体操服が入っている袋もフローリングに放り投げられている状態。

子供を留守番させていると、
散らかっていない状態の部屋が当たり前ではなくなってきていたので
お小遣い制度にしてよかったと感じました。

他にも洗濯物を入れたり、お風呂の準備をしたりしてくれています。

1回のお手伝いで20円という少ない金額ですが、一回のお手伝いに20円制度は継続していきたいと思います。

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
共働き家庭の子供 夏休みの過ごし方
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする