お弁当に詰めるときに必ず行うこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作り置きおかずを、冷蔵庫に冷やした状態のまま
お弁当に入れたりしていませんか?

冷やしたままでも、大丈夫な「作りおき」は
あります。

でも、温める必要がある「作り置き」も
あるんですよ!!!!

スポンサーリンク

温めの必要な作り置きは、再加熱してから粗熱を取って弁当に詰める

寒い季節は、再加熱しなくても
痛まないと思っていませんか!?

それは、間違いです!!!

温める必要がある「作り置き」は
必ず再度加熱をおこない、
粗熱をとってから
弁当箱へ入れると、
傷みにくいんですよ!

この方法は、平岡淳子さんの「朝つめるだけ」で簡単!作りおきのラクうま弁当350 を参考にしました。

アマゾンはこちら・・朝つめるだけで簡単! 作りおきのラクうま弁当350

炒め物だったらフライパンで加熱するか、
電子レンジで加熱してもOK!

揚げ物だったたらトースターで温めたりして
火を通します。

寒い季節は傷まないと思われがちですが、
寒い季節でも傷まないように対応をすることが
大事です!!!!

今日も弁当箱を消毒して
「作り置き」を温めて詰めました(笑)

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
お弁当に詰めるときに必ず行うこと
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする