平日の追加”作り置き” 20分で3品完成しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水曜日になると、作り置きも食べてしまいなくなってきます。

それでも、平日は後、2日あります。
料理を作ることが面倒だから外食という判断は我が家ではありません。
なぜなら、夫の帰宅時間が遅いから。
子供達が20時ぐらいまで待てないからです。

CHANTO 2017年 02月号でも書いていますが、作り置きが足りなくなる水曜日になると、
また作り置きを追加している生活を私は送っています。

スポンサーリンク

平日でも効率よく”作り置き”を作りたいのであれば、お風呂に入る前に作ること


「平日に作っている”作り置き”の時間帯を教えて下さい」
と、
質問がありましたので、お答えします。

私はお風呂の前です。お風呂の前に作ると、
お風呂から上がった頃には料理が冷めている。
料理が冷めていると冷蔵庫に保存できるからです。

今回は、1つの手持ち鍋(フライパン)を都度洗いながら
3品を20分で完成しました。

平日に作る時は、料理には時間をかけません。
短時間で出来るメニューを考えて作っています。

生姜焼き用の準備はしていましたが、
野菜類は切っていなかったので
料理をしながら切りました。
料理をしながら、切ったり、洗ったりしていたので
時間がかかった感覚はなく、
あっという間に完成したような感じです。

「レパートリーがないから、作れない・・・」
と言われる方もいます。
レパートリーは

いつもの料理に少し加えるだけでレパートリーは増えます。

今回、私が作ったほうれん草と竹輪の玉子のスクランブル炒めは、
いつも作っている、ほうれん草と玉子炒めのアレンジです。

竹輪が余っていたので料理に入れてみたところ、
意外に美味しい!!!これでレパートリーが増えました。

小田真規子さんの菜箸のひもを切ると料理はうまくなるでも書かれていましたが、
楽天はこちら

レパートリーを増やすことは新しい料理を作ること、
今までに作ったことがない料理を作ること。と、思われがちですが、
実は違う。

いつもの料理に少し変えるだけでインパクトは変わります。

ベースの味を知ることでアレンジをしても味がわかりやすいんです!

それに、家族だって珍しい凝った料理を望んでいないかもしれないですしね。

いつもの料理の少し変化を無理のない範囲で行うこと。
これでレパートリーは増えます。

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
平日の追加”作り置き” 20分で3品完成しました!
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする