後悔しない家は建てることが出来るのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚しても住んでいる場所は
生まれ育った地域に住んでいます。

先日、職場の同僚と住居について話しました。

同僚は、一戸建て住宅に住んでいるAさんと

高級住宅地と言われる地域の
駅近くの分譲マンションに住んでいるBさんです。

Aさんは、「もし2回目の家をたてられるのなら思い通りの家を建てて住みたい!」

Bさんは、「今の環境からいうと、田舎や駅から離れた場所には住みたくない!今の整った環境でマンションにすみたいと。」
Bさんに、「なぜ、マンションが良いのか聞くと」
「今、住んでる地域で土地を買って家を建てるとすごく高いから」だそうです。

どちらも、今、住んでいる家には不満があり
住んでいる周りの環境は変えたくない。
ということが共通しています。

夢にまで見たマイホーム、
思い通りの設計をしても、
間取り、
日当たり、
朝、昼、夜の交通量、
収納や、利便性は
年数を重ねるにつれて、
不満が出てきます。

スポンサーリンク

不満が出てしまう、その理由は

子供が小さいうちは「ウッドデッキが欲しい」と言っていたのに
子供が成長して大きくなると
「ウッドデッキは必要ないなぁ~」と、
言う言葉を聞いたことはありませんか?

そうです、
設計した当初と比べると、
少しずつ自分の生活環境が変わっているんです。

生活環境は変わっても
住居はずっと同じ。だから不満が出てくるのです。

私も持ち家の一戸建てに住んでいます。
今、言えることは、
子供が思い切って遊べるような
リビングが広くて
少ない部屋で平屋でよかったのにな~と。
階段掃除がメンドクサイんです(笑)
あと、物がまだ多いからそう思うのかもしれません。

このように家を建てていると
後々問題が生じるものてす。

子供の成長とともに環境が変わりつつありますが、
まだローンが残っているので
現在の住居の物を少なくして、
空間を広く保ちたいと思います。

わたしの友達の持たない暮らしブログの
ちゅらさんの暮らしはとても憧れています。

私も次に住むなら賃貸の平屋がいいな(笑)

では、では

今日もお読みいただき有難うございいます

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
後悔しない家は建てることが出来るのか
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする