外構を綺麗に保つには、春になる前に草を抜くこと!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月が終わりに近付き、温かくなってきました。
我が家の外構は、土を使用している部分がありません。

コンクリートの駐車場か、防犯用の砂利等々、
土が見える部分がないのです。
それなのに、草は生えてきます。

スポンサーリンク

草抜きは温かくなる前にしないと抜けなくなる

私の経験談です。
毎年、6月を過ぎてからの草抜きは、草の根が太く、
スポッと抜けないものが多いです。

力を入れて抜くと「スポッ」と抜けるのですが、
草が太くて抜けにくい。
そこまで草を成長させたのも私が草を抜かなかったからで・・・

今年は夏がくる前に、抜いてしまおう!作戦です。

梅雨の時期になると、また草は生えると思いますが、
一度、抜いている分、根っこもそれほど太くならないのでは!?と
思っています。

4月に入ると家庭訪問もありますし、
外構に生えた草を抜いて、気持ちよく出迎えれる準備をしたいと思います。

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
外構を綺麗に保つには、春になる前に草を抜くこと!
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする