余裕がないのなら、余裕ができるような行動をしよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は9時~17時まで
フルで仕事をしているため帰宅時間は18時頃になります。
18時から子供のお迎えに行き、
お腹をすかせた子供たちを前にしながら、
ご飯を作り、洗濯物を畳んだり、
お風呂の準備をしたり・・・

そんな慌ただしい生活、私は送りたくありません(笑)

スポンサーリンク

平日の5日間は、少しでもゆとりを持てるように過ごす

今週は予定が盛り沢山なので
品数は多めの10品です。

・鯵とピーマンの竜田揚げ
・酢豚
・カレー
・牛肉とごぼうのしぐれ煮
・ブロッコリー
・ベーコンのアスパラ巻き(下準備)
・ピーマンと竹輪のカレー炒め
・きんぴらごぼう
・エビのカリっと揚げ(エビマヨ用)
・はんぺんと枝豆焼き

弁当や夜ご飯用にメインになる料理を作りました。

このメインになる作り置きも
後半になると作り置きがなくなるので、
温めている鍋やフライパンの隣で
作り置き用の料理を作ったりしています。

とにかく、疲れすぎないために
自分の身体を守るためにも、
どれかの家事を時短する必要があるので、
休日の作り置きは私にとって
かかせません。

家事貯金をしていることで後の行動がラクになる

仕事や出先から帰宅後、あなたはどのように過ごしていますか?
当日、作った料理を少しだけ取り分けて保存するだけでも
作り置きが1品完成します。

数を多く作ることが難しい方もいらっしゃると思います。
それでも、一番忙しい夜ごはんの時間帯に
少しでもラクをするために、
まずは、一品から作り置きをしてみませんか?

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
余裕がないのなら、余裕ができるような行動をしよう
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする