お弁当にメインは複数必要ない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週はゴールデンウィーク期間で夫婦そろって仕事が休みなので、「作り置き」はお休み中です。

来週から再開するので、少しずつ、お弁当用の作り置きをするメニューを決めています。

お弁当に入れる具材は、各家庭によって拘りがあると思います。

私も、少しだけですが拘りがあります。

スポンサーリンク

弁当作りのこだわり、メインは一つだけ

私が作るお弁当は、メインは一つ、後は副菜や、卵焼きや、ウインナーや、野菜と決めています。

メインが二つもあっては贅沢すぎますし、「つくりおき」おかずが減ってしまいます(笑)

それに、お昼ご飯はメインは一つで十分。

お肉料理、お魚料理・・・どれか一品だけのメインがあるだけで、ご飯んが進みますし、見栄え、食べ応えが変わるものです。

大人だけの弁当だけの話ではない

これは、子供の弁当も同様にしています。

子供の弁当も量は少しだけど、メインのおかずは一つだけ。

無理に沢山入れません。

メインを複数作ろうとするから、時間がとられるだけでなく、気持ちの余裕まで奪われます。

余裕をもって作るためにも、メインは一つ!
このことを頭に入れて、作り置きメニューを考えていきたいと思います。

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
お弁当にメインは複数必要ない
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする