【ワーキングマザー流】夏休みの宿題を早く終わらせるためにやっていること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あと、1ヶ月で夏休みに入りますね。
今年から長男の夏休みの過ごし方が
今までと変わることになります。

児童クラブが3年生までしかない地域に住んでいるので、4年の長男は家で留守番にすることになりました。

夏休みの間、私も仕事なので、
日中は見てあげることができません。
夏休み中は、学校の宿題と塾の宿題もあります。
帰宅後に宿題の確認をすることは、私自身、とても大変なことだと思ったので、もう、夏休みの宿題に取り掛かっています。

スポンサーリンク

親子で協力が必要な宿題から取り掛かろう

夏休みの宿題で頭に思い浮かぶことは、
「量が多い」、「すぐにおわることの出来ない物」ではないでしょうか?

まだ、夏休みの宿題の内容は教えていただいていませんが、
毎年、必ずある宿題の、工作やポスター、読書感想文は、
今からでも始めることが可能です。

宿題に細かな規定がある学校もあるかもしれませんが、
長男の通っている学校は細かな規定はありません。
それを良いことに、すぐに終わることが出来ない宿題の工作から始めました。

今年の工作は陶芸に挑戦しました

先日、知り合いの方にお誘いいただき、陶芸教室に親子で行ってきました。

テーマが親子陶芸だったのですが、
我が家の長男は、私が作った作品を却下して
長男が一人で作っていまいした。
(陶芸って簡単そうに見えて難しかったです 笑)

土の捏ね方、道具の説明、ろくろの使い方も教えていただきマスターした長男は
お茶椀と石鹸置きを作っていました。
(一人で作ったにしては上手でした)

私はというと、見守ることと、片付けをしたぐらいです(笑)
お恥ずかしながら、湯のみを作ろうと思って、ろくろを回すと変な形になってしまうので、見守り隊に徹しました(笑)

まだ、陶芸の作品を焼きに行ってもらっている状態なので、
次回、絵付けをして完成です!

陶芸だって、立派な工作です!
学校で賞をいただきたい方は、陶芸は不向きかもしれませんが、
長男に対して学校で賞をいただくことは望んでいないので、
簡単に宿題を済ませていけるような物を工作に選びました。

地域のイベントを利用しよう

我が家の地域は夏休みに近くなると
ポスターや工作等を作る、
イベントが行われます。
日程が合えば、利用するのも有りだと思います。
家でなかなかできない宿題を、イベントで作ることって私は大賛成です!

ワーキングマザーだと、休日しか夏休みの宿題を入念にチェックすることが出来ないので、宿題を早く終わらせることが、親子にとってラクに過ごすことができるポイントと思っています。

有意義な夏休みを親子で過ごすためにも、
工作が終われば、ポスター、
読書感想文を終わらせていきたいと思います。

では、では

今日もお読みいただき有難うございいます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
【ワーキングマザー流】夏休みの宿題を早く終わらせるためにやっていること
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする