塾の宿題は親が関心を持たなければいけない。今さら気づきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生の長男、夏休みを迎えて1週間がたちました。
夏期講習も始まっており、宿題を長男にまかせていたツケが回ってきたようです。

宿題は塾の授業が終わってから
自習室で残り終わらせてから帰宅するので
私は長男に言われた範囲だけ宿題の答え合わせをすればよい!と思っていたのですが・・・
どうも、そうではなかったようです。

スポンサーリンク

落とし物のプリントを見てハッとした

私が仕事から帰宅後、夕食の準備をしたり、
洗濯物を畳んだりしていると
リビングのフローリングに一枚の紙が落ちていました・・・

よーく見ると塾からのお便りでした。

プリントを見てみると「保護者の皆様」と書いてあります。

内容は宿題範囲の内容。

夏期講習の宿題プラス、毎日、計算問題と特別問題をしてください。とのことなんです!!

保護者宛てのプリントに気づいたのは夏休みがはじまり一週間後。

すでに7日分の宿題がたまってしまいました(泣)

計算問題や特別問題は小学校では習っていない範囲の問題なので、講習会生だけの方は負担となるので、講習会生のみの方は計算等の宿題はしなくて良いそうです。

長男は何を思ったのか、「計算問題とかしなくて良い」と解釈していたみたいで、思わず「通常通っている子はこの宿題は範囲に入っているからね」と言ってしまいました(笑)

まだ、7日分で気づいて良かったのか、
もう7日も経ってしまった!と思うのか・・・

人それぞれですが、
私は前者の考え方!

「7日で気づいてよかった」と思っています。

学校の宿題も終わりに近づいているので、
7日分の宿題を取り戻したいと思います。

やっぱり、まだ小学生。

塾の宿題は親が管理しないとダメみたいですね。

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
塾の宿題は親が関心を持たなければいけない。今さら気づきました。
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする