2020年の英語教育も変わることを今さら気付いた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年に大学入試が変更になることは有名ですが、
小学校の授業内容や中学校での授業内容が変更することは
知りませんでした(苦笑)

関連記事:2020年大学受験が変わる!備えはできていますか?

スポンサーリンク

中学で勉強する英語は、英語で教えられることに衝撃を受けた

今の日本は少子化の傾向があります。
そんな状況でグローバル化が進み、英語ができないと視野が広がらないといわれている状況で、
2020年に学習指導要領が変更となります。

それに合わせて小学3年から英語の必修となり、
小学5年生からは教科となります。

必修ということは、必ず教えることになるのですが、
成績はつかず、学校や先生が選択した教材で勉強することになります。

教科となると、成績がつくことになります。

そして、中学生になるとどうなるか・・・
英語の授業を英語で教えてもらうことになります。
英語で話されている環境で英語を学ぶことになるんです。

英語がわからないと、中学生に上がってから
授業についていけなくなりそうですね。

2020年になると、我が家の長男が中学1年生。
次男は小学1年生になります。

新学習要項になりガラリと変わる予感がする英語教育。

現在の学校で学ぶ授業はお遊び内容です。
2018年より少しずつ変更していくみたいですが、
このままで我が家の子供達はついていけるのか不安になってます。

まだまだ、私の中での情報が薄いので
英語教育に詳しい友人から情報を得たり、
調べようと思います。

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
2020年の英語教育も変わることを今さら気付いた
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする