幼児がはまる!記憶力を高める玩具とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼児の遊びや知育に関しての読者様から質問を受けました。
長男は4歳の後半から知育教室に通いましたが、
次男は今の所、習い事をしていません。
そろそろ習わせたい気持ちもあるのですが、
人見知りなうえに場所見知りするので
もう少し、時間がかかりそうです。

スポンサーリンク

自宅でできる記憶力を高める知育遊びは???

次男の年齢は現在3歳です。
1月に4歳になるのですが
習い事には通っていないので
長男と比べると勉強面では
出遅れてしまってます(笑)

無理やり習いに行かせるのも可哀想なので
自宅で知育遊びを取り入れています。

そんな我が家の次男がはまっている遊びは、
ラベンスバーガー テディ・メモリーです。

トランプでいうと神経衰弱のルールに似ています。

幼児でもできるように、24枚の12パターンの組み合わせになっているので、
私も家事の合間に付き合って遊べますし、
短時間で遊びが終えることが出来て
大人でも勝てないような遊びが
私にとってもちょうど良いんです(笑)

神経衰弱のルールに似ているので
記憶力を高めることだって出来ます!

わかりやすいルールが幼児でも楽しめる

カードは2.5ミリの厚さなので、
幼児の手でもひっくり返しやすく
トランプみたいに、しわがいったり
折れ曲がる心配もありません。

ルールを理解していると
ゲームが終わってから
勝敗を確認するのに枚数を数えるのですが
いつの間にか数をスムーズに数えるようになっていました。
今では1~40までは自然と数えるようになっています。

数を数えたあとは、
勝利を称えて・・・
カードを収納する用の枠があるので
次男に片づけてもらいます(笑)

トランプの神経衰弱だと、
まだ理解することが難しい年ごろです。

子供でもわかりやすくルールを覚えることが可能な
テディ・メモリー
習い事がなくても自宅で遊びながら出来る
知育ゲームをしていきたいと思います。

では、では

今日もお読みいただき有難うございました。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
幼児がはまる!記憶力を高める玩具とは?
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする