自宅にいてもお昼ご飯は時短しています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次男が体調不良のため、自宅でゆっくり過ごしています。
そんな次男、食欲は旺盛(笑)

お昼ご飯も手作りすると、
時計を見ながら時間を気にしないといけないので
時間に束縛されないように
家にいても昼食は時短することにしました

スポンサーリンク

お弁当を作って、昼食を作る時間を短縮しました

普段、平日にゆっくり過ごすことがないので、
その時こそ、料理を楽しむのも良いのですが、
子供と一緒にお昼寝したり、
ご飯をたべたり、
掃除をしたり、
片づけをしたり、
洗濯物を畳んだり

時間を気にすることなく、
ゆったりとした時間を感じれるように

お弁当を作りました。

お弁当を作ることで発見できたことがある

お弁当って、仕事へ行く時や、
子供が遠足に行く時、校外学習、運動会、
家族でピクニックをする時ぐらいしか
出番はないと思っていましたが、
自宅で食べることも候補に入れれるな。と、
思いました。

お弁当を家で食べることでわかったことがあります。

子供達が食べる量、
子供が好きな献立、
これが目に見えてわかります!

子供の弁当 = キャラ弁だったり、
子供の弁当 = ミートボールと、思われがちですが、

世間の子供の弁当の発想と同じようにすることってないんだな。と、
改めて思いました。

子供の弁当を世間の雰囲気に合わせて作っても
本当に子供が喜ぶかどうかは、わからない。

我が家の子供達は煮物が好き。
ミートボールは苦手な食べ物だったりします。

子供達、それぞれ好みがあるように
定番のお弁当を子供に押し付けるのではなく、
子供達の好きな弁当を作ってあげようと思いました。

今日も次男に「今日のお昼ご飯はお母さんの作った弁当だよ~」と、
伝えると大喜び!!

中身は、「作り置き」の煮物でも喜んでくれるんです。

子供が喜ぶ弁当にするために
好きな献立を見極めてあげたいと思いました。

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
自宅にいてもお昼ご飯は時短しています
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする