斬新な家庭菜園の食べごろを迎えました。今回の家庭菜園は子供にも体験させてあげたかった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、職場でパイナップルを育てている記事を書きました。
関連記事:驚かれるような物を育てることは面白い!

育てて数週間で食べごろを迎えたので、収穫しました(笑)

スポンサーリンク

室内で育てても本当にパイナップルの匂いがする

緑色だったパイナップルが、黄色に色が変わり実が詰まったのか、重みのせいで曲がってきていました。
匂いもパイナップルの香りが漂っていたので、収穫してみると、パイナップルの周りのトゲが痛く、
思わず「いたっ!!!」と声が出たぐらいでした。

職場の同僚もパイナップルを持って、「いたっ」と・・・笑

想像以上のトゲの痛さに笑いが溢れました。

育ててみないとわからないことが多い

今回の職場での菜園で勉強になったことがあります。

夏場の室温でもパイナップルは熟すること。
パイナップルのトゲは痛いこと。
実が黄色くなると、倒れてくること。
パイナップルの上の部分を、また鉢に植えると育つ。

普段、食べるだけだと気づかないことが、今回、職場で育てたことで毎日見る上に勉強になりました。

残念なことは、子供にも体験させてあげたかったな~と思っています。
家庭でパイナップルを育てることは、なかなか出来ない経験なので、実際に触らせてあげたかったことが心残りです(笑)

今はパイナップルを冷蔵庫で冷やしているので、職場でのおやつの時間にみんなでいただきたいと思います。

では、では

今日もお読みいただき有難うございます。

スポンサーリンク

 

▽ランキングに参加しています▽
    

トラコミュ
シンプルライフ おうちごはん 常備菜や作りおき 丁寧な暮らし

関連コンテンツ
こちらの記事もどうぞ
斬新な家庭菜園の食べごろを迎えました。今回の家庭菜園は子供にも体験させてあげたかった
この記事をお届けした
共働き主婦の時短の暮らしの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
ツイッターを始めました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする